Rose-HipとMurtaのご紹介


マキベリーが順調に輸出申請書を提出出来たら次はRose-Hipとチリに自生しているムルタベリーの粉末も輸入予定です。

Murta(ムルタ)って聞いたことありますか?
今回ムルタの輸入申請して販売出来たらおそらく日本初だと思います。
ムルタは南部チリ人のお気に入りのベリーです。
赤い直径1㎝くらいの実は、リキュール、ジャム、syrup煮、生のまま食べます。
こちらもポリフェノールがたっぷりのベリーですよ。
マキベリーとはポリフェノールの種類が違います。
マキベリーはデルフィニジンが多いんですが、こちらはフラバノールが多いのです。お茶系のポリフェノールです。
ですから、抗菌作用が強いベリーで、マプチェ族は下痢、尿路感染の際に特に葉っぱを使っていたみたいです。

〘今日はローズヒップのご紹介〙
ローズヒップと言うとヨーロッパのイメージが強いと思うのですが、
南米チリもローズヒップの生産量は多いんですよ。

チリではローズヒップティーはよく飲まれていますし、ローズヒップジャムもよく食べられています。

スペイン統治下に持ち込まれたローズヒップがアンデス山脈に自生しました。

ご存知の通りビタミンCの含有量は植物の中でもナンバーワン←スミマセン、カムカムやアセロラのほうが100gあたりの含有量上でした。
果肉にはβカロテン、リコピンも含まれていてお肌にいいものばかり。
これから日焼けが気になる季節です。体の中からUV対策したいですね。

どんな所で採れるの?って聞いたらこんな素敵な写真がっ。

果実はこんなの。真っ赤なんですね。

今、マキベリーばかり朝スムージーに入れてますが、しばらくローズヒップに変えてみます。
私、マキベリーがフルーツの中では断トツの抗酸化力だと思ってたら、輸入元さんからいただいた資料ではRose-Hipの方が上!!
ローズヒップは、10日ほどでお肌に変化が出てきたという意見をブログ見ました。
そんなに変化が早く現れるんだろうか?試してみよーーーっと。

先月噴火したカルブコ火山、周辺は灰の被害で大変みたいですが、少し離れたところから撮影したチリ富士はとっても綺麗。